全身脱毛の効果について

全身脱毛は、脱毛サロンやエステで施術される光脱毛と医療脱毛クリニックで施術されるレーザー脱毛があります。
医療脱毛クリニックでの脱毛は、毛根細胞を破壊する医療行為となるため威力の強いレーザーの照射が可能な施術となり高い脱毛効果を得られることができる脱毛方法です。
威力が強い分、施術時に感じる痛みが強かったり肌質や毛質によっては施術できなかったり、施術に伴う皮膚障害のリスクが高かったりする脱毛施術となっています。
光脱毛は、威力が弱い照射であるため照射時に感じる痛みがほとんどないことが特徴ですが威力が弱い分脱毛効果も低く、生えてくることを抑制する脱毛方法です。
脱毛は、施術のタイミングも非常に重要で毛には成長期・退行期・休止期があり肌の表面上に出ているのは毛の全体の20%ほどとなっています。
照射により脱毛効果が得られるのは成長期の毛のみであるため頻回照射施術を行っても脱毛効果を得られるわけではありません。
クリニックによる施術と脱毛サロンでの施術の効果は約3倍ほどの違いがあります。
脱毛施術1回目はクリニックでも脱毛サロンでも効果はほとんど同じです。
施術後数日間はポロポロと毛が抜け落ちたりしてツルツルの状態となっていますが数日後にはムダ毛が生えてくるため自己処理の必要があります。
クリニックによる施術で効果を実感できるのは3回目〜4回目となっており、脱毛サロンによる施術で効果を実感できるのは4回目〜6回目という方が多いようです。
だんだんと毛が生える量が減って来て自己処理の回数が減って来たと実感できるようになります。
医療脱毛クリニックでの脱毛完了の目安回数は5回〜6回で、脱毛サロンでの脱毛完了の目安回数は12回〜18回です。
太い毛はほとんど目立たなくなり、自己処理もほとんど必要なくなります。
毛質や毛穴の広がり、肌の黒ずみやざらつき・くすみの改善も実感できるようです。
脱毛の効果は、脱毛部位によっても違いワキやVIOといったデリケートな部分で毛が太く毛根がしっかりしている部分は施術回数も多く必要になります。
VIOのIラインは、強く痛みを感じる部分でもあり照射出力も抑える必要があるため脱毛効果も抑えられ脱毛回数が多く必要になる部分です。
ワキの脱毛は、全身の中でもしつこく生え変わる性質でもある部分でもあるため腕や脚よりも十分な効果が得られない可能性が高い部分となっています。

このページの先頭へ