全身脱毛施術を受ける前の事前処理について。

全身脱毛施術は、クリニックやサロンの方に身体を見せる機会でもあるためどのくらい事前に処理する必要があるのかも気になることと思います。
ムダ毛部分は普段人目に付かないように気にする部分でもありますし、脱毛施術に直前に処理をするべきなのか、前日がいいのかどこまで処理する必要があるのか完璧にしていないと施術に支障があるのかなど初めて施術を受ける方がカウンセリングでも質問しきれないことが多くあり困るのが事前処理についてです。
脱毛施術を受ける前の事前処理では絶対に除毛器や毛抜きで毛を抜いてはいけません。
光脱毛においてもレーザー脱毛においても毛のメラニン色素に反応して脱毛する方法となっているため、毛を抜くことでメラニン色素に反応する物体が無くなると脱毛効果が得られなくなります。
施術前の事前処理はカミソリやシェーバーで剃るようにしてください。
カミソリやシェーバーでの自己処理は角質も一緒に削ることで肌が乾燥するためシェービング後にはクリームやローションで保湿しておくことで肌トラブルのリスクを軽くする効果と施術時の痛みを和らげる効果があります。
脱毛施術前の事前処理の理想的なタイミングは、施術1日〜3日前です。
事前処理が早すぎると施術時にはムダ毛が伸びてしまい照射の妨げとなっていまいますし、施術当日の処理はカミソリ負けなど肌の状態が悪くなり脱毛施術ができなくなる可能性もあります。
施術前の自己処理において無理にシェービングを行うことでケガをしてしまったり肌トラブルが生じると皮膚障害のリスクも高くなるため脱毛施術を断られる場合もあるため注意が必要です。
自己処理でおすすめなのはカミソリよりも電気シェーバーでの処理となっています。
カミソリは深剃りができる分、肌の表面の角質部分も削り取るため表面が乾燥し肌荒れや色素沈着を引き起こす原因にもなるため電気シェーバーでの処理がおすすめです。
電気シェーバーでの処理でも肌は乾燥してしまうので保湿ケアは重要となっています。
VIO部分の事前処理のルールは、脱毛する部分はシェービングしておくということです。
Vラインのサイドのみの脱毛の場合は、その部分だけをシェービングし、他の部分は残したままで構いません。
脱毛サロンやクリニックによってルールに違いはありここまでシェービングしてきてくださいと指定があるサロンやクリニックもあります。

このページの先頭へ